現在、注目を集めているのが、サプリタイプの日焼け止めです。
これまでは、肌に直接塗り、紫外線を反射させる、もしくは紫外線を吸収させる事によって、紫外線から肌を守っていくものが主流となっていました。
ですが、ただ塗るタイプは、塗りムラができてしまう可能性があるだけでなく、塗ってもすぐに汗で流れ落ちてしまう事も少なくありません。
それに対して、飲むタイプは塗りムラの心配もなければ、汗で流れる心配もなく、使いやすいと人気になっています。
ただ、飲むタイプは、紫外線を反射させたりする効果はなく、飲んだ後に紫外線を浴びると、肌に紫外線が入り込んでいく事になります。
その為、塗るタイプのようにしっかりと防げるという訳ではありません。
ですが、飲んでおく事によって、肌が受けるダメージを軽減させる事が出来るというメリットがあります。
紫外線が強い春先から夏の終わり頃までは、塗っても汗によって日焼け止めが落ちてしまう事が少なくありませんが、飲むタイプも併用しておけば、紫外線ダメージを軽減させ、肌を守っていく事ができます。
更に、紫外線の量が減る寒い季節の場合、継続して飲んでおく事で、冬場の紫外線からも肌を守っていく事ができます。
飲むタイプは、塗るタイプと違い、手間もかからないので、毎日無理なく続けていく事ができます。
これから紫外線対策を始めたいと考えるのであれば、塗るタイプだけでなく、飲むタイプの日焼け止めにも注目をしておく事がおすすめです。
日焼け止めサプリ徹底比較ガイド│最強おすすめランキング!はこちら

Tagged: Sykes