青魚に含まれるDHAやEPA、亜麻仁油などに含まれているα-リノレン酸はオメガ3と呼ばれ、血液サラサラにする働きがあります。
オメガ3は細胞膜を構成する不飽和脂肪酸のひとつになります。体内では作られないため食品から摂取する必須脂肪酸に指定されており、アジやサンマ、イワシなどの青魚や亜麻仁油、エゴマ油などのオイルに多く含まれています。
摂取することによって血液がサラサラになるため、血行が良くなります。血行が良くなることで血管内で固まることを防ぐことができ動脈硬化などを防ぐことにつながります。
その他のオイルとしてあげられるのがオリーブ油などです。オレイン酸という成分が含まれており、不飽和脂肪酸の一つになります。最も酸化されにくいもので、血液をサラサラにする以外にも摂取することによって活性酸素と結びついて過酸化脂質を作りにくくすることで動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防する効果を期待することができます。
オレイン酸はオリーブ油以外にもナッツ類や豚肉、鶏肉、牛肉などの肉類、枝豆やピーマン、トウモロコシ、大豆製品などにも含まれています。
これらの成分はコレステロール値を下げたり、生活習慣病を予防するなどの効果を期待することができる成分になります。
ただし、オイルですのでカロリーは高く、過剰摂取してしまうとカロリーオーバーで脂肪がつきやすくなります。それを防ぐためにはきちんと適量を守って摂取してくことが大切です。血液サラサラ サプリなども手軽に摂取ができるので、最近では注目されています。

Tagged: Sykes